キャッシュレス決済

電子マネー

ここでは、電子マネーについてご案内します。

電子マネーとは

電子マネーとは、現金と同様に決済に利用することができる電子情報を、スマホやカードに入っているICチップに記録させたものです。

利用者が現金やクレジットカードで事前にチャージしたお金を、電子データのやりとりによって、現金と同じように使うことができる仕組みです。

カードやスマホを読み取り機にかざすだけで、財布から現金を出して使うように、買い物をしたり電車やバスに乗車したりできます。

サインや暗証番号が不要なことや、少額でも手軽に使えることから、利用者が増加しています。

電子マネーには、現金を事前にチャージしておくプリペイド(前払い)方式や、クレジットカードの機能の一部として後日口座から引き落とされるポストペイ(後払い)方式があります。

交通系電子マネー

交通系電子マネーとは、改札機にタッチするだけで乗り降りできる乗車券・定期券機能と、お店で使える電子マネー機能をあわせ持っているICカードのことです。

現金を持ち歩かなくても、1枚のカードで電車利用や買い物ができて便利です。

Suica(スイカ)やPASMO(パスモ)が代表的で、全国各地の鉄道会社がそれぞれ発行しています。

電車に乗る時だけでなく、バスやタクシー、船なども乗車券として使えるところがあります。

一部をのぞき全国相互利用も可能となり、交通系電子マネーの利用者が増えています。

交通系電子マネーは、乗車券だけでなくコンビニや自動販売機など、お店でのお買い物にも利用できる場所が増えています。

交通系電子マネー

iD(アイディ)

iD(アイディ)は、株式会社NTTドコモが運営するポストペイ(後払い)方式の非接触型決済の電子マネーです。

iDを利用するには、iD対応のクレジットカードが必要です。

クレジットカードと紐づけて使用するので、クレジットカードの利用限度額まで使うことができます。

プラスチック製でキャッシュカードサイズのICカードタイプや、携帯端末のおサイフケータイで利用するモバイルタイプ、クレジットカードやキャッシュカードと一体化されたものを始め、提携している他社のカードとのジョイントカードなど多数発行されています。

iD(アイディ)

QUICPay(クイックペイ)

QUICPay(クイックペイ)は、JCB(ジェーシービー)の運営するポストペイ(後払い)方式の非接触型決済の電子マネーです。

QUICPay(クイックペイ)を利用するには、QUICPay(クイックペイ)対応のクレジットカードが必要です。

クレジットカードと紐づけて使用するので、クレジットカードの利用限度額まで使うことができます。

プラスチック製でキャッシュカードサイズのICカードタイプや、携帯端末のおサイフケータイで利用するモバイルタイプ、コイン型やキーホルダー型、クレジットカードやキャッシュカードとの一体型など、様々な形態があります。

QUICPay(クイックペイ)

nanaco(ナナコ)

nanaco(ナナコ)は、株式会社セブン&アイ・ホールディングスが発行する非接触型決済の事前にチャージをするプリペイド(前払い)方式の電子マネーです。

電子マネー機能とポイントカード機能を併せ持っていて、プラスチック製でキャッシュカードサイズのICカード式「nanacoカード」と、携帯端末のおサイフケータイで利用する「nanacoモバイル」の2種類があり、2007年4月からサービスが開始されました。

ICカード式「nanacoカード」は、nanacoのみ利用できる単独カードの他に、クレジット機能の付いたセブンカードやセブン銀行のキャッシュカードと一体化されたものもあります。

nanaco(ナナコ)

WAON(ワオン)

WAON(ワオン)は、イオングループが発行する非接触型決済の事前にチャージをするプリペイド(前払い)方式の電子マネーです。

電子マネー機能とポイントカード機能を併せ持っていて、プラスチック製でキャッシュカードサイズのICカード式「WAONカード」と、携帯端末のおサイフケータイで利用する「モバイルWAON」の2種類があります。

ICカード式「WAONカード」は、WAONのみ利用できる単独カードの他に、クレジットカードやキャッシュカードと一体化されたものを始め、提携している他社のカードとのジョイントカードなど多数発行されています。

WAON(ワオン)

楽天Edy

楽天Edyは、日本で初めて全国規模で導入された非接触型決済のプリペイド(前払い)方式の電子マネーです。

電子マネー機能とポイントカード機能を併せ持っていて、プラスチック製でキャッシュカードサイズのICカード式「楽天ポイントカード」と、携帯端末のおサイフケータイで利用できるタイプの2種類があります。

また楽天Edyの機能が付いた「楽天カード(クレジットカード)」の3種類があります。

ICカード式「楽天ポイントカード」は、楽天Edyのみ利用できる単独カードの他に、楽天Edyの機能が付いた「楽天カード(クレジットカード)」があります。

Edyの名称はユーロ (Euro) ・アメリカドル (Dollar) ・円 (Yen) に次ぐ第四の基軸通貨になってほしいとの願いから、それぞれの頭文字を取りEdyと名付けられました。

楽天Edy